土地活用

コストメリットが大きく、強い木造工法の「テクノストラクチャー」で、

賢い土地活用をはじめませんか?

テクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁「テクノビーム」で、高い強度を生み出す木造工法です。高い耐震性・耐久性を誇り、柱数を抑えて実現できる大空間や間取りの自由度が魅力の一つです。さらに、建築コストの低減、減価償却期間の短縮など、資産活用を検討されるオーナー様にとってコスト・税金面での魅力的なポイントもあります。

建築コストの低減と減価償却期間の短縮が可能!

テクノストラクチャーは、鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造などに比べ、一般的に建築コストが低く抑えられ、初期投資が少なくてすみます。また、減価償却上の耐用年数が、鉄筋コンクリート造や重量鉄骨造などに比べ短いため、減価償却費が大きくなり、節税につながります。

所得税軽減効果

所得税軽減効果
木造は鉄骨造に比べ 所得税軽減効果が大きい

鉄骨造とコストの比較


木造鉄骨造
基礎コスト※1低い高い
工期比較的短工期基礎含め工期が長い
減価償却期間※222年34年※3

※1 建物の規模や内容によって変わる場合があります
※2 建物用途住宅・寄宿舎・宿泊所・学校・体育館の場合
※3 骨格材の肉厚4mm越の場合

土地活用は税金対策にも有効

所得税

1年間の個人の所得に対して
課せられる税金。

アパート経営は1つの事業とみなされ、「必要経費」が認められます。収入から様々な経費を控除できるので、所得税を軽減する効果がうまれます。

固定資産税・都市計画税

土地や建物の所有者に
毎年課せられる税金

アパートを建てると、一定の条件下で、更地の場合に比べ、固定資産税は1/6、都市計画税は1/3に軽減されます。

相続税

土地・建物を含む資産などを
相続した際に課せられる税金

土地を更地のままで所有し相続すると、更地として評価されますが、アパートを建てた場合は、相続時の土地評価額が下がります。
また、アパート建設の際に行った借り入れは、マイナスの財産として評価額からさらに差し引かれ、税負担を軽くすることができます。

耐火建築物規制にも対応可能

テクノストラクチャーは、テクノビームで構成される床・屋根について耐火性能を検証し、耐火構造の国土交通大臣認定を取得している※ため耐火建築物の建設が可能。耐火建築物規制を受ける地域においても、高齢者施設や児童福祉施設などの大規模な特殊建築物に対応できます。※床は1時間耐火、屋根は30分耐火の認定を取得。床と屋根以外の部位については告示、または一般財団法人日本木造住宅産業協会取得の耐火構造大臣認定仕様を併用します。


耐火建築物規制にも対応可能

テクノストラクチャーの土地活用事例

賃貸住宅
店舗・施設
高齢者施設
QUOカード500円分プレゼント!
最新チラシはこちら
Living Bell
かせるストック
テクノストラクチャー
ホンダカーズ岩国